スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事の帰りにうなぎを釣って、晩酌は蒲焼だ!

私は釣りが上手くはありません。

釣り全般好きで結構やってるんですが、だからといって毎回釣れないのが釣りの難しいところ。


でもね、ひとつだけ、毎回絶対に釣れる釣りがあるんです。

それが、私の一番得意な釣り、


「うなぎ釣り」


いや、ただのうなぎ釣りではありません。

「大阪市内 オフィス街のど真ん中で釣る、うなぎ釣り」です。

淀屋橋周辺でうなぎを釣ることに関してだけは、誰にも負けない(くらいの気持ちでやってる)んです。


うなぎという魚はどこにでもいます。

過去に色んな魚を飼育してきましたが、アマゾンに住む魚やタイのむちゃくちゃ汚い水たまりに住むような魚、

そんなやつらより、はるかに生命力は強いです。

おそらく、梅田のHEP前で話してもニョロニョロ歩いて川へ帰るでしょう(酔っぱらった私でも五分五分なのに)

淀川のような広い川はもちろん、幅50センチの溝のようなところにも住んでいます。


だからこそ、うなぎはどこでも釣れるんです。

ただ少しだけコツがあります。


ここが一番難しいんですが、地域・川・場所、ひとつひとつでコツが違うんです。

特にネットなどの情報だと、千葉の川だとか神奈川の川だとか、あまり大阪の川でのコツが少ないんです。

なぜなら釣り人は自分の釣り場を荒らされることを嫌うから……。


ならば、よろしい!

このラブアンドピースの精神を持つ私、かわやんが、


「仕事の帰りにふらっと立ち飲み屋へ寄る」


そんな感覚で

「仕事帰りにふらっとうなぎを釣る」


そして、

「仕事帰りに釣ったうなぎで、今晩は蒲焼の晩酌だ~」


これを実現させてあげましょう!!


このブログは大阪市内のローカル限定で、

「絶対にうなぎを一匹釣って帰る方法」

を道具・釣り方・さばき方など含め、紹介していこうと思います。


昨今はうなぎがレッドデータに載ったりして、大丈夫なの的な意見はあると思います。

でもさ、やっぱりうなぎ好きじゃん。

うなぎ、美味ぇじゃん。

そして高いじゃん。

メソと言われる稚魚・シラスウナギは捕らないなど、ちゃんとルールを守って、うなぎ釣りを楽しみましょう!


めくるめく、うなぎの官能の世界へ……(気持ち悪い)



うなぎ王に俺はなる!クリックお願いします!
にほんブログ村 釣りブログ ウナギ釣りへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。